メインイメージ画像

定期保険は専門家に相談

原則として定期保険の再検討や相談相手は、専門家に聞くのが一番分かりやすいです。しかし、信頼する人に質問しないと、必要のないものを上乗せされたり、持ちかけられたりすることもあったりするので注意が必要です。それぞれの保険会社のウェブサイトなどを閲覧すると、ただの相談窓口が設けてあるので、それを利用するのも良いです。価格を比較するサイトを使用して引き合わせてみるのもいいです。知らないと少々理解できないこともあったりするので、知り合いなどに保険の外交員や、保険の代理店をしている人などがいると直に相談が出来るので一番いいです。

イメージ画像

薦められたからと安易に決めるのではなく、よく自分で考慮して決定することが大切です。保険のことは信頼できる人にすることが一番大切です。
医療保険やや手術の給付金には税金はかかりません。これは「不慮の事故や病気などによりもらいうけるお金は課税されない」と法律で決められています。ところが、死亡保険金にはには税金がかかりますから注意が必要です。

契約者、被保険者本人が死んでその妻、子供が受け取る際は相続税が適用になりますが、相当高額な財産でない限り様々な控除が適用されるので、現実に納入する必要はないでしょう。それと、契約した人が夫で、被保険者である妻が死亡した場合は、受取人が夫の時は所得税が課税され、子供が受取人の場合は贈与税が課税されることになります。生命保険は受け取る時には税金相続税になるように、契約者が被保険者に受取人は配偶者か子供にして、損しないようにしておきましょう。
保険はその人の、人生設計に合わせた保障額にする必要があります。若いうちに大きい死亡保障はいりませんし、結婚して子供が多い家族の場合、大きな保障が必要となってきます。

必要がなければ、加入しなくてもいいですが入るなら、若いときに加入しておくと損しないです。保険は契約時の年で保険料が計算されるので若ければ若いほど、保険料金もそれだけ安く加入できます。また、年齢がいくと、病気やけがで入院や手術が必要になる場合も増えていくので、病気をしてから後悔することがないように、健康なときに保険に入ることが大事です。定年を迎えた場合も、大概の人は退職金が入ってきますから、大きな保証は必要がないです。